プログラム概要

プログラム 1日目
OPENING TNTの概要・目的の説明
第1章: 栄養障害とその結果
第2章: 生理機能と代謝
第3章: スクリーニングと栄養アセスメント
第4章: 栄養療法の論理的根拠
ワークショップ1: 栄養状態の評価および栄養経路の選択
ワークショップ2: 経腸栄養療法の実施
第5章: 微量栄養素
第6章: 静脈栄養の概要
ワークショップ3: 静脈栄養と中心静脈カテーテル
症例検討:
症例検討:
症例検討:
症例検討:
プログラム 2日目
第7章: 経腸栄養-適応、アクセスおよび処方
第8章: 経腸栄養法-実施と合併症
第9章: 重症患者における経腸栄養
第10章: 病態別栄養製品
ワークショップ4: 経腸アクセス装置
ワークショップ5: 経腸栄養システム
症例検討:
症例検討:
症例検討:
症例検討:
第11章: 役割、チームワークおよびチームの構築
第12章: 第12章:NSTの設立と運営方法
CLOSING: 修了式/記念撮影

※症例検討は
①多発外傷
②炎症性腸疾患
③胃癌(症例①、症例②)
④2型糖尿病
⑤腎不全
⑥褥瘡
⑦重症急性膵炎
⑧COPD
⑨膵癌
⑩脳血管障害
上記の中から8症例実施いたします