第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会

  • 会長あいさつ
  • 学会概要
  • 演題募集
  • 宿泊申込
  • 参加者および発表者へのお知らせ
  • プログラム

会長あいさつ

TOP > 会長あいさつ
第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会 会長 竹山廣光(名古屋市立大学大学院研究科消化器外科 教授)

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は本学術集会に格別のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
この度、第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会を2014年2月27日(木)~28日(金)の2日間、パシフィコ横浜において開催させていただくことになりました。

 年に一度の学術集会は、会員が一堂に会し、日頃の研究・診療・教育の成果を発表するとともに、臨床栄養学に関する最新の知識と情報を交換・発信する場であり、臨床研究および教育・啓蒙を通して、わが国の医学医療の発展と国民の健康増進ならびに福祉の向上に大きく貢献することを目的として開催してまいりました。

 日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)は、現在約1万8千名の会員を擁し、名実ともにわが国の臨床栄養分野の代表的な基盤学会にと成長し、臨床栄養に関する学会の会員数だけで言えば、世界最大の規模になりました。これは実に喜ばしい限りですが、質の向上を伴った文字どおりの立派な学会へと成長することが我々に課せられた使命ととらえております。さらに、JSPENが世界的にもレベルの高い学会を目指すことは重要であり、その実現に向け、質の高い教育と研究レベルの向上は必要不可欠であります。また、臨床栄養に関する研究と知識の向上は、必ず国民の福祉に寄与するものと確信しております。

 こうした思いを込めて学会のメインテーマには、私が考えた造語ですが「志学創新」を掲げさせていただきました。これまでの学術集会の成果を踏まえ、築き上げてきた日本独自のオリジナリティあふれる臨床、研究および教育レベルをさらに改革、向上させ、新しいものを作り上げるため、ひいては世界をリードしていくため、新たな一歩を踏み出したいと考えております。

 今回は、特にサーベイランス、脂質メディエーター、サルコペニアの3つのテーマに焦点を当てつつ様々なテーマを取り上げる予定でございます。多くの演題が集まり、有意義な議論の場となることを心より期待しております。

  • HOME
  • 日本静脈経腸栄養学会主催セミナー
  • サテライトセミナー
  • 共催セミナー
  • 会場案内
  • 出展企業の皆様へ
  • お問い合わせ
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • ようこそ!横浜
  • 取材について
  • 情報交換会のご案内(全員懇談会)
  • 弁当販売のお知らせ
  • 託児所の申し込み
  • 宿泊申込
  • 宿泊に関するお問合せ