第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会

演題募集

TOP > 演題募集

公募演題の採否は、10月9日に演題登録時のメールアドレスにお送りさせていただきました。
お知らせが届いていない場合は、
迷惑メールフォルダ(メールサーバーあるいはメールソフト)に入っている可能性があります。
「【第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会】演題応募採否結果のお知らせ」が届いていない場合は、下記に採択演題を受付番号順に並べたものを掲載させていただきましたので、ご自身の受付番号が該当する部分をクリックしていただき、そちらからご確認ください。



第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 採択演題一覧はこちら

受付番号 1~200 201~400 401~600
  601~800 801~1000 1001~1200
  1201~1400 1401~1539

演題番号の記号について
・S→シンポジウム(発表のみ(壇上での討論なし・質疑応答あり))
・PD→パネルディスカッション(発表後、壇上での討論あり・質疑応答あり)
・F→フェローシップ応募者セッション
・O→一般演題(口演)
・P→一般演題(ポスター(発表あり:P-0001~P-0200、発表なし:P-0201~P-1286))

採否通知のメールについて
ご登録時にご入力いただいたメールアドレスの誤入力や迷惑メールフィルターの設定の関係上、採否の通知メールが届かない場合がございます。採択演題メールが受け取れていない方は、上記の一覧をご確認ください。

演題の採択について
発表形式および選択項目を含め、演題の採否、発表日時、会場等は学術集会会長に一任願います。個別の対応はいたしません。

ご登録いただいた演題の変更について
ご登録いただいた演題内容の変更はできません。


演題募集期間

2014年6月25日(水)正午~8月5日(火)正午まで

2014年6月25日(水)正午~8月8日(金)正午まで 終了

一般演題募集期間延長のお知らせ
一般演題登録におきましては多くの演題のご登録をいただき、厚く御礼申し上げます。
会員各位から登録期間延長のご要望・お問合せを多数いただいていることから、演題登録締切日を以下の日時まで延長いたします。

演題募集締切日:8月8日(金)正午 終了


まだ演題をご登録いただいていない方は、延長締切日を厳守の上、ご登録いただきますようお願い申し上げます。

多数のご応募をいただき誠にありがとうございました。

インターネットによる応募のみといたします。締切当日はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたすことが考えられます。余裕を持ってご登録下さい。

ユーザ登録がお済みの方(演題登録・修正)

※ユーザ登録がお済みでない方は、このページを最後までお読みの上、「ユーザ登録がお済みでない方」のボタンを押し、ユーザ登録を行って下さい

演題応募資格

演題登録は一般社団法人日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)の会員に限ります。未入会の方は、共同演者を含め、演題募集締切日(2014年8月5日(火))までに入会手続きを行って下さい。入会方法などにつきましてはJSPENホームページをご覧下さい。

※ 入会手続きおよび会費納入状況の確認については、JSPENホームページをご利用下さい。 第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会学術事務局・運営事務局では、入会手続きおよび会費納入状況の確認は行っておりません。

※ 演題応募時点で会員でない方は、会員番号「999」と入力し、演題募集締切日(2014年8月5日(火))までに入会手続きを行って下さい。入会手続きが完了していない応募演題は、インターネット応募フォームで受け付けていても、プログラム決定時に受け付けいたしませんので、ご注意下さい。

演題募集について

1. シンポジウム、一般演題(口演)、一般演題(ポスター)として、静脈経腸栄養に関する臨床的および基礎的研究を募集します。

2. 栄養士・管理栄養士部会、薬剤師部会および看護師部会の各企画の公募はいたしません。

3. 演題の採否、発表日時、会場等は学術集会会長に一任願います。

4. インターネットによる応募のみといたします。

5. 発表形式および選択項目を選択してご応募下さい。

※一般演題の応募者の中から、特別企画での発表者を選出させていただくことがございます。

※シンポジウムで不採用になった場合、一般演題として採用させていただくことがございます。一般演題として採用を希望しない場合は、登録時に申告して下さい。


募集テーマ


シンポジウム シンポジウム要旨全文
1 本邦における栄養管理の現状:臨床栄養サーベイランス委員会結果報告 指定のみ。募集なし
2 【本音で語る】療養病棟における栄養管理の現状と問題点  
3 【本音で語る】栄養補給としての胃瘻の意義を再確認しよう  
4 高齢化社会に対応した栄養療法の問題点と課題  
5 医師に対して必要な臨床栄養教育は行われているのか?  
6 【本音で語る】臨床栄養関連企業の現状と将来展望 指定のみ。募集なし
7 【本音で語る】NST加算に対応した活動内容と工夫  
8 今ここでNST活動の形を再考する  
9 緩和医療の領域において、栄養管理は適切に行われているのだろうか  
10 半固形状流動食は必要?不必要?  
11 安全なCVC挿入対策  
12 経腸栄養における微量元素に関する問題点と対策  
13 中心静脈栄養における微量元素製剤の必要性について  
14 静脈栄養は悪なのか?  
15 小児期長期栄養管理のアウトカム:症例報告  
16 IFALDに対する栄養治療の実際と今後の可能性  
17 腸管不全と小腸移植の現状と問題点  
18 炎症性腸疾患(IBD)に対する多職種による包括的栄養サポート  
19 在宅栄養療法の現状と問題点  
20 ミキサー食の有用性と問題点-普及に向けて 共催:株式会社ジェイ・エム・エス/株式会社フードケア
21 いわゆる病態別経腸栄養剤にエビデンスはあるのか?  
22 栄養管理を実施するための医療チームのイニシアチブはどの職種がとるべきか?  
23 栄養管理における患者安全対策について  
24 在宅介護の現場へ有効な栄養治療を届けるために  
25 サルコペニアの現状、問題点とその予防対策:栄養が大事!  
26 漢方薬の栄養治療への導入についての現状と問題点  
一般演題(口演またはポスター)
1 化学療法 11 在宅栄養 21 リハビリテーション
2 カテーテル感染 12 サルコペニア 22 NST
3 カテーテル管理 13 周術期 23 経腸栄養
4 がん 14 循環器疾患 24 栄養評価
5 肝硬変 15 静脈栄養 25 小児の栄養管理
6 緩和医療 16 褥瘡 26 感染症
7 救急ICU 17 腎疾患 27 高度栄養障害
8 口腔ケア 18 膵疾患 28 炎症性腸疾患
9 高齢者 19 認知症 29 合併症と対策
10 呼吸器疾患 20 半固形状流動食 30 新しい栄養ディバイス・手技

◎フェローシップ賞応募規定

  • (a) 応募者は本学会員で、過去5年間に本会での発表経験を有すること。
  • (b) 受賞者は、2年以内にASPENあるいはESPENへ参加すること。
  • (c) 受賞者は、参加するASPENあるいはESPENへ演題発表の申し込みを行なうこと。
  • (d) 受賞者は、ASPENあるいはESPENに出席後、本学会誌「静脈経腸栄養」へ別途定めた形式で学会参加報告記および受賞演題の抄録を投稿すること。

※ 応募研究内容は、最近の研究成績に基づく独創的な内容とし、原著あるいはそれに準ずる(メタ解析など)ものとする。

※ 共著者は、実績的に多大な貢献をした者に限り記すこととする。

※ 症例報告は対象外とする。

※ 本賞の発表に際しては、医学研究及び医学発表における倫理的問題に関する見解及び勧告(平成22年2月25日)を遵守する。

応募資格の除外事項

①一般社団法人日本静脈経腸栄養学会に関連する他の賞への重複応募は認めない。

②本学会の研究助成金受領者、過去に本学会で何らかの受賞歴を有する者は、本賞への応募はできない。

③本賞の審査委員長および審査委員は、申請者(研究代表者)とはなれない。

演題登録方法

演題登録を行うには「ユーザ登録」が必要です。
ユーザ登録がお済みでない方は「ユーザ登録がお済みでない方」ボタンから、ユーザ登録がお済みの方はページ上部にある「ユーザ登録がお済みの方(演題登録・修正)」ボタンからお入り下さい。

※JSPEN2014の演題登録時にユーザ登録された情報は、個人情報保護の点から全て削除しております。
JSPEN2014にてユーザ登録を行った方も、改めてユーザ登録をお願いいたします。


ユーザ登録がお済みでない方

◎ユーザ登録がお済みでない方

1. 演題を初めて登録する際は、「ユーザ登録がお済みでない方」ボタンを押して下さい。
第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 演題登録ユーザ登録画面が開きます。

2. ユーザ登録画面にて

  • ・ 姓名
  • ・ 姓名ふりがな
  • ・ メールアドレス
  • ・ 所属機関名
  • ・ 連絡先(郵便番号、住所、電話番号、ファックス番号)を入力して「次へ」を押して下さい。
入力確認画面が開きます。

3. 入力確認画面にて入力内容を確認後、「この内容で登録する」ボタンを押します。
修正する場合は「修正する」ボタンを押して下さい。ユーザ登録画面に戻ります。
※ 入力確認画面は、プリントアウトしておくことをお勧めいたします。

4. ユーザ登録が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛に、ご登録メールアドレスとパスワードが記載されたメールが送信されます。
【第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会】ユーザ情報の登録と題したメールが届きます。

※ユーザ登録時に入力したメールアドレスとパスワードはログイン時に必要になりますので、送信されたメールを保存しておくことをお勧めいたします。

5. 「【第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会】ユーザ情報の登録」メールに記載されているログインURLをクリックして下さい。
第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 演題登録 ログイン画面が開きます。


◎ユーザ登録がお済みの方

6. 「ユーザ登録がお済みの方(演題登録・修正)」ボタンを押し、第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 演題登録 ログイン画面にて登録したメールアドレスとパスワードを入力し、ログインして下さい。

7. ログイン後、を押すと「演題の新規登録」画面が開きますので、画面に従って「演題情報」「筆頭演者を含む演者情報(最大15名)」の必要事項を入力して下さい。


◎演題情報
演題名(全角50文字まで)、発表形式、選択項目、抄録本文(全角800文字以内)、筆頭演者メールアドレス、フェローシップ賞応募希望者のみJSPEN学術集会発表歴、フェローシップ賞応募希望者のみ応募除外事項同意項目
◎演者情報(筆者演者を含む最大15名)
演者姓名、演者姓名ふりがな、演者所属機関名、演者会員番号、筆頭演者のみ「筆頭演者」チェックボックス

8. 図表は受け付けません

9. 抄録本文は、1.目的 2.方法 3.結果 4.考察および結論の順番に記載して下さい。

10. 「演題の新規登録」で必要項目を入力後、「次へ」を押し、「入力内容の確認」画面で入力内容を確認し、「この内容で登録する」を押して下さい。

11. 演題が登録されると、ユーザ登録時に入力したメールアドレスに「【第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会】演題情報の登録」メールが送信されます。これで演題登録は終了です。

→「ユーザ登録がお済みの方」ボタンを押し、第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 演題登録ログイン後の「演題一覧」にあるプレビューPDFのアイコンをクリックすると文字数制限、文字化けを確認することができます。

→演題応募締切までは、ユーザ登録時に登録したメールアドレスとパスワードを入力すれば、登録演題の修正・確認が可能です。

応募についての注意点

  • 登録されたデータは今後プログラム・抄録集などに掲載されますが、登録されたデータに手を加えず使用されます。
  • 全角800文字を超えると採択されない可能性があります。採択された場合も、スペース上、オーバー文字分を掲載できません。十分にご注意下さい。
  • 「ユーザ登録」完了時点では、演題登録は完了していません。
  • 1件のメールアドレスからは1つのパスワードしか発行されません。
  • 1件のメールアドレスからは1つのパスワードしか発行されません。メールアドレスがID となりますので、別の方と共有することができません。個人で取得されているメールアドレスをご使用下さい。
  • ユーザ登録ならびに演題登録・修正後の自動送信メールが届かない可能性がございますので、携帯メールアドレスのご使用はご遠慮下さい。
  • 各種お知らせメールは登録直後に自動送信メールでお送りしております。ご自身の設定により、迷惑メールと認識されている場合がございます。まず迷惑メールフォルダ(メールサーバーあるいはメールソフト)をご確認下さい。その上で、各種お知らせメールが届いていない場合、登録が完了していない可能性がございます。登録されたと思われる日より2営業日以内にインターネット演題登録方法問合せ窓口まで登録の有無を必ずご確認下さい。
  • 登録内容の修正・確認作業時に必要になる、ID(メールアドレス)とパスワードは必ずご自身で保管して下さい。インターネット応募問合せ窓口ではセキュリティを維持するため、この件に関するお問合せには一切応じられませんので、ご注意下さい。
  • 締切日以降の登録、修正は一切受け付けできません。
  • この応募方法では、郵送するものは一切ありません。
  • 演題登録の応募フォームは情報セキュリティの関係上、何も作業せずに30分間経過した場合、自動的に接続を切断(タイムアウト)します。それまで入力したデータは全て無効となります。このため、演題登録時は、あらかじめWord等で抄録本文を作成し、「抄録本文」のセルにコピー&ペーストされることをお勧めいたします。
  • 演題採否、発表日時等に関する連絡は、「ユーザ登録」で入力された連絡先に送付されます。連絡先と筆頭演者が別人の場合は、筆頭演者へ確実にご連絡下さい。
  • Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのようなローマ数字(機種依存文字)、外字(自分で作った文字)は利用できません。
  • JIS規格第1、第2水準にて設定する文字、半角英数字は利用できます。また、α、β、γなどのギリシャ文字は、必ず全角入力して下さい。

個人情報管理に関して

今回お預かりした個人情報は、当学術集会の学術論文発表目的以外での使用はいたしません。運営事務局において、必要なセキュリティ対策を講じ、厳重に管理しております。

演題の採用可否について

学術集会会長ならびに学術事務局にて確認後、演題の採用の可否等は、第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会運営事務局より電子メールでご連絡いたします。

インターネットでの演題登録方法に関するお問合せ

株式会社ひでじま
〒113-0033 東京都文京区本郷2-16-8
TEL:03-3813-5471 E-mail:ess_jspen@hidejima.co.jp
※お電話でのお問合せは、月~金(土日祝日を除く)10:00~17:00の間でご連絡下さい。

  • HOME
  • 会長挨拶
  • 開催概要
  • 演題募集
  • プログラム
  • 事前参加登録
  • 情報交換会
  • 一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会主催セミナー
  • サテライトセミナー
  • スポンサードシンポジウム
  • ランチョンセミナー
  • ハンズオンセミナー
  • 参加者及び発表者へのお知らせ
  • 企業の皆様へ
  • 取材について
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • 一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会
  • 宿泊申込
  • 弁当販売のお知らせ
  • 託児室のご案内
  • 会長ブログ
  • 会長Facebook