認定医・指導医制度 規約・細則

日本静脈経腸栄養学会 認定医・指導医制度規約

第1章 総 則

第1条 日本静脈経腸栄養学会(以下、本学会)は定款第2章・第4条(10)に基づき、認定医・指導医制度を施行する。

第2条 本認定資格制度は、本学会の定める所定の条件を満たした医師を、主として静脈栄養・経腸栄養を用いた臨床栄養学に関する優れた知識と技能を有しているとみなし本学会認定医として認定する。認定期間は5年とし、認定更新の条件については別に定める。

第3条 本認定資格制度は、第2条に定める条件に加え 臨床栄養教育の指導に十分な経験と業績を有する医師を本学会指導医として認定する。指導医は認定医資格を有する。認定期間は5年とし、認定更新の条件については別に定める。

第2章 認定医・指導医制度委員会

第4条 本学会は認定医・指導医制度の実施および改善のための検討を行い、かつ臨床栄養学の進歩に対応できる優秀な医師育成に関する諸制度の検討を行う学会認定の認定医・指導医制度委員会(以下、当委員会)を置く。

第5条 当委員会は認定医・指導医認定のための業務を行うとともに、より高度な栄養療法を実現するための諸制度を検討する。

第6条 当委員会は定款第6章・第35条2項により選任された委員長、および委員長推薦による委員によって構成され<る。委員の任期は2年とし、再任は妨げない。

第7条 認定医の認定のための認定医試験は年1回施行する。認定医試験の具体的方法については別に定める。

第3章 認定医の認定

第8条 認定医を申請する者の条件および資格

認定医資格

以下の各号の資格を全て満たす本学会会員の医師は認定医の申請を行うことができる。

1.日本国の医師免許取得後5年以上、かつ会員歴3年以上を満たしていること。
2.本学会主催または共催のTNT(total nutritional therapy)、NST医師教育セミナー、またはLLL(life long learning)live course 4講座以上を受講していること。
3.本学会学術集会あるいは支部学術集会での筆頭演者としての発表1回を必須とする。加えて当委員会が適切と認める学会、研究会での臨床栄養に関する発表(筆頭、共同を問わない)、あるいは司会、座長、コメンテーターの経験を合計2回以上有していること。ただし、本学会主催または共催のTNT、NST医師教育セミナー、LLL live course、JCNT教育セミナー、NST専門療法士受験必須セミナー、NST専門療法士更新必須セミナー、スキルアップセミナー(2017年をもって終了)の各講師経験を有する場合には前記と同等の業績と判断する。
4.当委員会が適切と認める臨床栄養に関する学術論文(原著、総説、症例報告、著書)が、筆頭論文であれば1編、共著論文であれば3編以上あること。
5.本学会学術集会に2回以上参加していること。
6.上記1~5の条件を満たした後、認定のための試験に合格していること。

付記)当委員会が適切と認める学会、研究会とは、専門療法士認定規程に掲載された都道府県単位の認定地方会研究会は適用外とし、本学会学術集会、支部学術集会に準じる規模の全国学術集会、地方会とする。

第9条 認定医試験

認定医の試験を申請する者は次に定めた申請書類をホームページ(https://www.jspen.or.jp)よりダウンロードの上、必要事項を記入して認定医・指導医制度委員会に提出する。

書類送付先

〒104-0031 東京都中央区京橋1-17-1 昭美京橋第二ビル5階
一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会事務局 認定医・指導医制度委員会

TEL:03-6263-2580 FAX:03-6263-2581

1.所定の認定医試験受験申請書、正・副(複写で可)各一通

2.認定医試験受験申請書とともに提出するもの
・最終学歴から申請時までの履歴書、一通
・医師免許証(写)、各一通
・TNT、医師教育セミナー、LLL live course受講証(写)
・学会発表、司会等については証明が可能なプログラム、抄録(写)
・学術論文については別刷あるいは全体の写し
・日本静脈経腸栄養学会学術集会参加証(原本)
を受験申請書類としてそれぞれ提出のこと。

なお、受験に際しては受験料10,000円を納入すること。

第10条 認定医の申請

認定試験に合格し、かつ認定を希望するものにあっては、合格通知書とともに送付された所定の認定申請書を提出し、当委員会が認定料の納入を確認した後、認定証を交付する。
認定料は20,000円とする。

第11条 認定医の認定は毎年1回行う。

第4章 指導医の認定

第12条 指導医を申請する者の条件および資格

指導医資格

認定医取得後認定期間中に以下の1~5の各号をすべて満たすものは指導医の申請を行うことができる。

1.認定医取得後3年以上経過していること。
2.LLL(life long learning)live course4講座以上を受講し、かつ2講座以上の合格証書を有すること。
3.学会学術集会、支部学術集会あるいは当委員会が適切と認める学会、研究会での臨床栄養に関する発表(筆頭、共同を問わない)、あるいは司会、座長、コメンテーターの経験を合計5回以上有すること。ただし、本学会主催または共催のTNT、NST医師教育セミナー、JCNT教育セミナー、LLL live course、NST専門療法士受験必須セミナー、NST専門療法士更新必須セミナー、スキルアップセミナー(2017年をもって終了)の各講師経験を有する場合には、前記と同等の業績と判断する。
4.当委員会が適切と認める臨床栄養に関する学術論文(原著、総説、症例報告、著書)が筆頭、共著を問わず3編以上あること。1編は本学会誌に掲載されていることが望ましい。
5.本学会学術集会に3回以上参加していること。

付記)当委員会が適切と認める学会、研究会とは、専門療法士認定規則に掲載された都道府県単位の認定地方会研究会は適用外とし、本学会学術集会、支部学術集会に準じる規模の全国学術集会、地方会とする。

第13条 指導医の申請

指導医の認定を希望するものにあっては、本人から送付された認定に必要な所定の申請書類によって審査した後、審査料、認定料の納入を確認し認定証を交付する。審査料は10,000円、指導医認定料は20,000円とする。

書類送付先

〒104-0031 東京都中央区京橋1-17-1 昭美京橋第二ビル5階
一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会事務局 認定医・指導医制度委員会

TEL:03-6263-2580 FAX:03-6263-2581

申請書類はHP(https://www.jspen.or.jp) よりダウンロードして使用すること。

・職歴
・LLL live course合格証書、2講座以上(写)
・学会発表、司会等については証明が可能なプログラム、抄録(写)
・学術論文については別刷あるいは全体の写し
・日本静脈経腸栄養学会学術集会参加証(原本)
・指導医申請時の認定医の証明は認定医認定証の写しを申請書類としてそれぞれ提出のこと。

第14条 指導医の認定は毎年1回行う。

第5章 認定医・指導医の認定証

第15条 本学会認定医・指導医認定証の有効期間は、交付の日から5年とする。
ただし、第6章の規定によりその資格を喪失した場合には、資格喪失の日をもって有効期間は終了する。

第16条 当委員会委員長は認定医・指導医として認定した者の氏名を理事会ならびに社員総会に報告しなければならない。

第6章 認定医・指導医の資格の喪失

第17条 認定医・指導医は、次の各号の理由により、当委員会の議を経てその資格を喪失する。

1.正当な理由を付して認定医・指導医の資格を辞退したとき。
2.認定医・指導医の資格を取り消されたとき。
3.日本国の医師免許証を喪失または返上、もしくは剥奪されたとき。
4.認定医・指導医の資格を更新しなかったとき。

第18条 認定医・指導医にふさわしくない行為があったときは、当委員会、理事会の審議により認定医・指導医の認定を取り消すことができる。

第7章 認定医の更新

第19条 認定医5年間で以下の1~4の各号をすべて満たす本学会会員の医師は認定医の更新申請を行うことができる。

1.引き続いて本学会の会員であり、申請の時点で会費を完納していること。
2.本学会学術集会あるいは支部学術集会での発表1回(筆頭、共同を問わない)を必須とする。加えて当委員会が適切と認める学会、研究会での臨床栄養に関する発表(筆頭、共同を問わない)、司会、座長、コメンテーターの経験を合計2回以上有していること。ただし、本学会主催または共催のTNT、NST医師教育セミナー、JCNT教育セミナー、LLL live course、NST専門療法士受験必須セミナー、NST専門療法士更新必須セミナー、スキルアップセミナー(2017年をもって終了)の各講師経験を有する場合には、前記と同等の業績と判断する。
3.当委員会が適切と認める臨床栄養に関する学術論文(原著、総説、症例報告、著書)が、筆頭、共著を問わず1編以上あること。
4.本学会学術集会に3回以上参加していること。

付記)当委員会が適切と認める学会、研究会とは、専門療法士認定規程に掲載された都道府県単位の認定地方会研究会は適用外とし、本学会学術集会、支部学術集会に準じる規模の全国学術集会、地方会とする。

第8章 指導医の更新

第20条 指導医5年間で以下の1~4の各号をすべて満たす本学会会員の医師は指導医の更新申請を行うことができる。

1.引き続いて本学会の会員であり、申請の時点で会費を完納していること。
2.本学会学術集会、支部学術集会あるいは当委員会が適切と認める学会、研究会での臨床栄養に関する発表(筆頭、共同を問わない)、司会、座長、コメンテーターの経験を合計5回以上有していること。ただし、本学会主催または共催のTNT、NST医師教育セミナー、JCNT教育セミナー、LLL live course、NST専門療法士受験必須セミナー、NST専門療法士更新必須セミナー、スキルアップセミナー(2017年をもって終了)の各講師経験を有する場合には、前記と同等の業績と判断する。
3.当委員会が適切と認める臨床栄養に関する学術論文(原著、総説、症例報告、著書)が、筆頭、共著を問わず1編以上あること。
4.本学会学術集会に3回以上参加していること。

付記)当委員会が適切と認める学会、研究会とは、専門療法士認定規程に掲載された都道府県単位の認定地方会研究会は適用外とし、本学会学術集会、支部学術集会に準じる規模の全国学術集会、地方会とする。

第9章 認定医・指導医の認定証(更新)

第21条 認定医・指導医の更新を希望するものにあっては、本人から送付された更新に必要な所定の申請書類によって審査した後、認定更新料の納入を確認し認定証を交付する。認定医認定更新料は10,000円とする。指導医認定更新料は10,000円とする。認定医・指導医の認定更新は平成28年度以降に毎年1回行う。尚、認定期間中に満65歳に達した場合は終身認定とする。申請書類はHP(https://www.jspen.or.jp)よりダウンロードして使用すること。

・認定医、指導医の証明は、それぞれの認定証の写し
・学会発表、司会等については参加を証明可能なプログラム、抄録(写)
・学術論文については別刷あるいは全体の写し
・日本静脈経腸栄養学会学術集会参加証(原本)
をそれぞれ提出のこと。

書類送付先

〒104-0031 東京都中央区京橋1-17-1 昭美京橋第二ビル5階
一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会事務局 認定医・指導医制度委員会
TEL:03-6263-2580 FAX:03-6263-2581

第10章 認定医・指導医の資格の停止

第22条 疾病その他の諸事情により更新できない場合には、認定資格を停止する。また、認定教育施設の指導責任者資格も同様とする。

第23条 資格の停止は原則2年間までとし、その間に取得した更新条件は有効とする。認定期間は、停止期間を含む5年間とする。

第24条 次回更新を希望される場合には、前条の停止期間を除いた期間で更新条件を満たさなければならない。

第25条 停止期間内に再更新申請を行わない場合には、停止期間終了とともに認定資格の喪失とする。

第11章 規則の変更、施行細則の制定

第26条 この規則は、当委員会および理事会の審議・承認を経て、かつ社員総会の議決を受けて変更することができる。また、施行細則についても同様の手続きを経て制定する。

附則:

1.暫定経過措置:当委員会では本認定規則施行までの間、本認定規則に定められた条件に準じて、暫定措置による認定医、指導医の認定を行う。
2.暫定認定の方法については別に定める。
3.認定医試験は平成25年度から実施する。
4.本認定規約は平成23年3月8日より改正する。
5.本認定規約は平成23年5月1日より施行する。
6.本認定規約は平成25年2月20日より改正する。
7.本認定規約は平成25年2月20日より施行する。
8.本認定規約は平成29年2月22日より改正する。
9.本認定規約は平成29年2月22日より施行する。
10. 本認定規約は平成30年2月21日より施行する。

日本静脈経腸栄養学会認定資格 認定医・指導医制度規約施行細則

第1章 総則

第1条 日本静脈経腸栄養学会認定医・指導医制度規約の施行にあたり、規約に定めた以外の事項については、施行細則の規定に従うものとする。

第2章 認定医試験委員会

第2条 認定医試験委員会(以下試験委員会)は、定款第6章・第35条2項により選任された委員長、および委員長推薦による委員(本学会代議員)によって構成される。委員の任期は1年とし、再任は妨げない。

第3条 試験委員会は認定医試験の問題作成の業務を行う。

第4条 認定医・指導医制度委員会(以下当委員会)ならびに試験委員会は、認定のための試験に関する公告を学会機関誌「静脈経腸栄養」および学会ホームページ(http://www.jspen.or.jp)に掲載する。

第5条 当委員会は認定医・指導医認定に関するすべての業務を統括し、理事会に報告する。

第3章 認定医試験および認定医の認定

第6条 認定医試験を申請する者は、次に定めた申請書類をホームページ(https://www.jspen.or.jp)よりダウンロードの上、必要事項を記入して当委員会に提出する。

第7条 認定医試験は毎年1回行う。

第8条 当委員会委員長は認定医として認定した氏名を理事会ならびに社員総会に報告し承認を得た後、学会機関誌「静脈経腸栄養」および学会ホームページ(https://www.jspen.or.jp)に公表する。

第9条 本学会認定医の有効期間は、交付の日から5年とする。ただし、認定医・指導医制度規約第6章の規定によりその資格を喪失した場合には、資格喪失の日を以って有効期間は終了する。

第10条 認定医にふさわしくない行為があったときは、当委員会、理事会の議決によって認定医の認定資格を取り消すことができる。

第4章 指導医の認定

第11条 当委員会委員長は指導医として認定した氏名を理事会ならびに社員総会に報告し承認を得た後、学会機関誌「静脈経腸栄養」および学会ホームページ(https://www.jspen.or.jp)に公表する。

第12条 本学会指導医の有効期間は、交付の日から5年とする。ただし、認定医・指導医制度規約第6章の規定によりその資格を喪失した場合には、資格喪失の日を以って有効期間は終了する。

第13条 指導医にふさわしくない行為があったときは、当委員会、理事会の議決によって指導医の認定資格を取り消すことができる。

第5章 認定医・指導医の復活、再申請

第14条 やむを得ない事情により、第25条(制度規約)に該当したものは、その処遇について認定委員会で検討を行う。

第15条 第17条4項(制度規約)または第25条(制度規約)によって資格を喪失した者は、以下1-3の条件をもって、認定医・指導医資格を復活する。なお、認定医・指導医資格の復活申請は、通常の認定医・指導医資格更新申請時に行うものとする。

1.日本静脈経腸栄養学会の会員歴を継続しており、かつ会費を完納していること。
2.所定の書式にて認定医・指導医資格復活願を提出すること。
3.認定医・指導医資格の復活を希望する年から起算して、過去5年以内に認定医・指導医資格の更新条件を満たしていること。

第16条 復活後の認定期間は改めて開始するものとする。なお、認定歴の起算は、資格の停止および喪失の期間を除く以前の認定期間も含めるものとする。

第6章 規則の変更

第17条 この規則は、当委員会および理事会の決議を経て、かつ社員総会の承認を受けて変更することができる。

附則:

本認定規約施行細則は、平成23年5月1日より施行する。
本認定規約施行細則は、平成28年2月24日より施行する。
本認定規約施行細則は、平成29年2月22日より施行する。
本認定規約施行細則は、平成30年2月21日より施行する。