臨床実地修練届出制について

認定教育施設 臨床実地修練実施届出制度
 認定教育施設制度規則第10条に基づき、臨床実地修練の指導責任者は翌年の実地修練の計画を前年12月中に認定・資格制度委員会へ所定の申請書類にて、①期間(当面最長半年程度)、②修練カリキュラム、③指導責任者名、④修練者名(連絡先含)を提出が必要となります。
 本運用は、2021年12月1日以降実施の臨床実地修練より適用いたします。(2022年度に関しては2021年12月1日~2022年1月31日まで申請受付期間とする)
 2021年12月1日以降の修練実施に関して既に募集開始をされている場合には、改めて本所定書式でのご提出をお願いいたします。

 

【申請・審査・研修・修了証発行までの手順について】

① 下記より書類をダウンロードする。
②【様式①】臨床実地修練実施届出書および【様式②】臨床実地修練カリキュラム計画書を認定・資格制度委員会(以下、委員会)に申請(記録が残る方法で郵送のこと)。
③ 委員会で【様式①②】を審査し、認可後、学会事務局より許可通知を郵送(メール)する。同時に学会ウェブサイトにも修練予定を掲載します。
④ 認定教育施設で臨床実地修練の募集開始(ウェブサイト等)

 

【40時間臨床実地修練開始~終了】

⑤ 臨床実地修練終了後、【様式③-1~2】全体報告書・カリキュラム、【様式④】個別報告書、【様式⑤】臨床実地修練申込書を委員会に提出(記録が残る方法で郵送のこと)。
⑥ 委員会で【様式③④⑤】を審査し、承認後、審査結果通知とともに各修了者へ「臨床実地修練修了証」を発行し、施設担当者へお送りします。
⑦ 認定教育施設より修了者へ「臨床実地修練修了証」(発行者:JSPEN理事長)郵送。

【重要なお知らせ】
 新制度の実施施行に伴い、栄養サポートチーム専門療法士認定制度における「症例報告書」制度は廃止します。2021年11月30日以前開始の臨床実地修練修了者は、従来の症例報告書(下記からダウンロード)提出による受験申請となります。
 新制度施行後は当学会が発行する「臨床実地修練修了証」の控えをもって40時間研修制度の修了とし、受験申請条件における「症例報告書」の提出条件を満たすことになります。

 

NST専門療法士認定制度・認定教育施設 臨床実地修練実施届出一覧

下記からダウンロードしてください。

様式名 PDF OFFICE 書き方見本
【様式①】臨床実地修練実施届出書
【様式②】臨床実地修練カリキュラム計画書
【様式③-1】臨床実地修練終了【全体】報告書(終了者リスト)
【様式③-2】臨床実地修練終了【全体】報告書(カリキュラム)
【様式④】臨床実地修練(個別)報告書
【様式⑤】臨床実地修練申込書